FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
07.23

つぼ草養生法授業風景

Category: 講座風景
先日の海の日、7月17日に『脳のトニック剤!・つぼ草養生法』講座を開催致しました。

IMG_7812.jpg


こちらは、Kumburaの由美子先生とのコラボ企画。

IMG_7800.jpg
満席、13名様にご参加頂きました。
御狭い中、ご不便おかけいたしましたが、由美子先生のお話し、みなさん真剣に学ばれてます!

つぼ草や、スリランカではゴトゥコラと呼ばれ、食材として利用されています。
養生食として、つぼ草の薬用粥や、現地での養生法をお話し頂きました。

先ずはつぼ草汁作り。
IMG_7799.jpg

つぼ草薬用粥の完成!
IMG_7801.jpg

「薬だから、そんなに美味しいものじゃないよー」と、前置きをしていたものの
美味しく出来ちゃって(笑)
皆さんにも大好評♪

お昼は、何といっても!
美味しい、Kumburaのスリランカランチ。
Menuは
・海老のテルダーラ
・レンズ豆のパリップ
・冬瓜のホッダ
・ビーツのココナッツミルク煮
・ゴトゥコラサンボーラ

IMG_7802.jpg
サービスで、海老のテルダーラの作り方も教えて頂きました。

IMG_7805.jpg
美味しそう、そして美味しいw

IMG_7804.jpg
お料理が美味しいと会話も弾みます。

会場には、皆さまの「美味しい」のもだえる声が(笑)響いておりました。
本当に美味しかったですね!

午後からは、KarunaのNAOMIが担当しまして
つぼ草薬用ギーと、つぼ草とローズ&アロエクリーム作り。
〇〇の薬用ギーというのは、アーユルヴェーダ製剤として沢山販売されています。
ただ、〇〇にあたるハーブを単独で用いる訳ではなく、
そのものの消化吸収をよくするや、相乗効果が望めるなど他の薬草とコンビネーションしていきます。


今回は、「脳のトニック剤」を狙いとしていますので、
つぼ草以外で脳に良い、シャンカプシュピーや菖蒲根、消化力をあげるトリカトゥなど、
様々なハーブと組み合わせて作りました。

先ずはギー作り。
IMG_7806.jpg

美しい黄金色。ギー作りを楽しみにしてらっしゃっ参加者様も多数!ジワリきてますね~ギー。
IMG_7808.jpg

こちらはもう1つのブラフミー。
つぼ草はアーユルヴェーダで、ブラフミーともよばれますが、同じ作用をするハーブ、バコパもブラフミーと呼ばれます。
こちらは、バコパ。和名はオトメアゼナ。こちらも薬用ギーにいれました。
IMG_7807.jpg

スワラサ作り(絞り汁)
IMG_7810.jpg

カシャーヤ(煎じ液)作り
IMG_7815.jpg

手間ひまかけてのつぼ草薬用ギー完成です。
美しいグリーンですね。
IMG_7814.jpg


こちらはつぼ草とローズ&アロエジェルクリーム。
こちらで使用したつぼ草オイルは、薬用ギーではなく、ごま油とつぼ草で作ったもの。
薬用ギーには、消化を上げるため、トリカトゥが入っているので、皮膚刺激が強くなってしまうので^^
ローズの芳香蒸留水の香りも良い夏向きクリームになりました。

IMG_7811.jpg



つぼ草は認知症の予防にも期待が持たれるハーブです。
また、日本でも栽培が容易なうえ、野菜としても摂取できるという利点の多さ。
これからの社会のニーズにもマッチしているアーユルヴェーダのハーブが
普及していくと良いな。
今日のイベントでは、生育方法、食材、薬、美容と多面的にアプローチいたしました。
ぜひ、育てて欲しい!

ご参加のみなさま
由美子先生

素敵なイベントになりました、感謝。
















スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ynhasta.blog.fc2.com/tb.php/123-0f35147e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。