--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.11

紫根油抽出と秋冬キッチンコスメ授業風景

Category: 講座風景
==================
karunaのFacebookページです。
[楽しむ学ぶ・体験する場 Karuna]
授業風景などUPしております、応援お願いします!
==================

こんにちは、karunaのNAOMIです。

寒くなってきましたね~。
お肌のカサカサが気になる季節到来っ。

今回は、そんな季節に潤いを!秋冬キッチンコスメ講座①で紫根抽出をメインに開催致しました。

夏のキッチンコスメ講座で紫根油を使ったコスメを作った際に、
ご参加者さまから”紫根油の抽出からやりたい”とのお声を頂きまして
今回の内容になりました。

講座で使用した紫根です。
美白コスメとしてTVで紹介されたので、使い易いものが販売されています。
image(138).jpeg


抽出しやすいように、乳鉢で砕いていきます。
参加頂いたみなさん、自然と協力しあってわきあいあい^^
image(140).jpeg


紫根の色素、シコニンの融点に合わせて
太白ごま油を熱したら、投入!
いっきに広がる真紅の色に皆さんから歓声が!楽しい~♪
image(141).jpeg

紫根の赤い色素とともに、
代表的な植物の赤い色素も勉強しました。
左から、セントジョーンズワートのヒペリシン、ビーツのベタレイン、ローズのアントシアニン、紫根のシコニン。
脂溶性、水溶性の違いとともにご紹介しました。

植物の生む赤、美しいですね。
image(139).jpeg

こちらはビーツです。
色素は水溶性で、食品の着色に使われるくらい強い赤色。
アーユルヴェーダでは、ラクタ(血液組織)をよくする食材ですね。
image(131).jpeg

皆さんでクリーム作り中~。
image(142).jpeg

完成です~!
今回は”赤”がテーマ、元気色ですね。
image(144).jpeg

最後は、アンチエイジングで有名な
イモーテル(ヘリクリサム)の浸出油のご紹介を、
こちら、私の母が(うっかり)作ってくれたものです。
本当は、セントジョーンズワートの浸出油を作りたくって、お花の採取をお願いしたら
実はヘリクリサムだったという。。。で、逆にとっても貴重なオイルが出来ました^^

イモーテルの名前は太陽を意味する「ヘリオス(helios)」と金を意味する「クリソ(chryso)」に由来しているそうですが、
その名の通り、本当に美しい黄金色!!!
太陽のエネルギーを感じます。
この黄色の色素は、カルコンとオーロンというフラボノイド。
紅花などと同じなんですね。こちらも抗酸化、抗炎症作用などお肌に嬉しい作用がつまっております。
お母さまありがとう!

image(143).jpeg


植物の恵みをた~っぷり使って作る秋冬キッチンコスメ。
次回は、12月1日に「乳化」をテーマに開催します。
フェイシャルクリーム作りでは、ご自身のお悩みに合わせた精油やハーブ、基材を選びながら
オリジナルレシピでお作り頂きます^^

詳細はこちら

ご興味ございましたら、ぜひご参加下さい!

NAOMI
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ynhasta.blog.fc2.com/tb.php/103-e0d7ecca
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。