FC2ブログ
2016
03.01

《告知》5月18日スタート『アーユルヴェーダ基礎講座』

Category: WS
----------------
karuna(カルナー)のFacebookページが出来ました。
講座情報や授業風景をアップしております。
よろしければ、応援のいいね、よろしくお願いします^^
Karuna

----------------
こんにちは、NAOMIです。

私は小さい頃から身体が弱かったのもあり、自然と西洋医学以外のものに興味をもっていました。
20代半ばからアロマやハーブ、漢方など代替療法を学んで、一番、幸運だったと思うのは
アーユルヴェーダに出会えたことです^^

2006年の春から、伝統ある日本アーユルヴェーダスクールで学び、今年はちょうど10年となりました。
長年の学び、実践して得た知識、経験を愛情もって教えているのがこの基礎講座になります。
生命の科学、アーユルヴェーダを学ぶ第一歩として是非、ご利用下さい。


ayv基礎image1


『アーユルヴェーダ基礎講座』  ※平日夜間コース
日にち:5月18日(水曜日) 初回スタート日  全14時間
時間:18:30~21:30
初回以降は、ご参加者さまとご相談の上、開催して参ります。
最少催行:3名
定員:8名
受講料:32,000円
講師:NAOMI
場所:水道橋教室
お申込み先:yn.hasta@gmail.com

お名前、希望講座、携帯番号を記入いただき思うしこみ下さい。
2日以内にご連絡致します。

~対象~

アーユルヴェーダを体系的に学びたいと思っている方。
また、自分や周りの方のケアに役立てていきたい方。

授業風景はこちらをご覧ください↓
講座ブログ

~講座内容~

《理論》

◎アーユルヴェーダの歴史/医学体系/特徴
◎身体・こころの観察方法
ヴァータ、ピッタ、カパ 五大元素 身体の中に何を見出すのか?
◎アーユルヴェーダの生理学
アグニ、アーマ、スロータス、ダートゥ、オージャス、マラ
◎アーユルヴェーダの薬理学と食事について
◎感覚器官(インドリア)と”こころのケア”
◎若返り法

《実技》

◎春・梅雨の養生レメディ作り
・ギー(精製バター油)作り
・ギーの使ったレシピ。

◎五感と5大元素の繋がりを感じるセルフケア。
・ガルシャナ(乾式マッサージ)
・ナスヤ(経鼻法)と薬用喫煙
・ガンドゥーシャ(油うがい)
・ネートラタルパナ(ギーによる目のケア)
・耳のオイルケア
・オイルを使った3点マッサージ

◎アグニを高めるレメディ作り
・アーマパーチャナ(アーマを熟す)となる食材・スパイス
・自身の体質を考えたオリジナルレメディ作り

◎若返り(ラーサヤナ)ドリンク作り

毎回、実習を行う楽しい内容となっております。
皆さまのご参加お待ちしています!


karuna NAOMI

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
03.01

《告知》5月22日 アーユルヴェーダで認知症予防講座

Category: WS
karkuna(カルナー)のフェイスブックページが出来ました。
応援の”いいね”よろしくお願いします。
⇒ 「"楽しく学ぶ・体験する場Karuna(カルナー)"」

------------------------------------

こんにちは、NAOMIです。

karunaの認知症予防講座、第2弾。
なんですよ(笑)カウントしてるの私だけですが・・・。

前回は、「脳代謝UP」をテーマに、アーユルヴェーダやアロマ、現代栄養学的なアプローチとしましたが、
今回は、アーユルヴェーダで行う日々のケア、生活法、食事法をお話ししていきます。

IMG_2235.jpg


《講座詳細》
『アーユルヴェーダで認知症予防』

日にち:5月22日(日)
時間:18時~21時30分
場所:水道橋教室
講師:NAOMI
お申込み: yn.hasta@gmail.com
受講料: 5,000円
お名前、希望講座、携帯番号をご記入いただき、お申込み下さい。
2日以内に返信致します。

~講座内容~

・アーユルヴェーダとは?
・アーユルヴェーダで学ぶ、老化の仕組みとケア方法
・脳に良い食べ物、ハーブ、スパイス。
  脳に良いハーブや食事の試食付き
・頭部のケア方法のご紹介と実習
  ナスヤ(経鼻法)、薬用喫煙 等
・運動と認知症予防


~対象~

アーユルヴェーダ初心者の方でも受講可能です。
日々のケアに取り入れられる実習を行っていきます。
アーユルヴェーダでは、頭部は、鎖骨から上のケアという分類を致しますので、
今回の実習は、頭部だけでなく、耳や鼻、喉のケアもふくみますので
様々な症状に対応できます。

頭痛や鈍重感などにお悩みの方にもおすすめです。
ご自身のケアはもちろん、大切な家族の健康管理にも使える知識となりますので、
ご興味ございましたら是非、ご参加下さい。


karuna(カルナー)

NAOMI


Comment:0  Trackback:0
back-to-top