2015
07.13

《告知》アーユルヴェーダ入門講座(9月スタート)

こんにちは、NAOMIです。

アーユルヴェーダの入門講座を9月にスタート致します。

少人数、アットホームな教室で
使えるアーユルヴェーダをじっくり身につけませんか。

また、アロマテラピーや植物療法を勉強されていて
アーユルヴェーダにご興味がある方も大歓迎です。

アロマや植物療法の考え方と、アーユルヴェーダをどう結び付けるのか?
アロマテラピーとアーユルヴェーダのオイルマッサージの違いなども
詳しくお教え致します。


昨年開催した入門講座、
『幸せなココロづくり』アーユルヴェーダ実践講座の様子は
こちらをご覧ください。

今回は、『自分の状態の観察』に焦点をあて
バランスを保つためにどうするのか、考える訓練をしていきたいと思います。

~講座内容~
①アーユルヴェーダの歴史/医学体系/特徴
②身体・こころの観察方法
ヴァータ、ピッタ、カパ 五大元素 身体の中に何を見出すのか?
③アーユルヴェーダの生理学
アグニ、アーマ、スロータス、マラ
④場・時・量について
※毎回、レメディ作りやセルフケアの実践が入ります。

《詳細》
授業総時間 :12時間
初回:9月5日(土曜日) 初回以降はご参加者様と相談により決めていきます。
基本は一か月に一回ペース 4H ×3回 や 3H×4回 6×2回などアレンジ可能です。
場所:水道橋教室
受講料:28,000円
お申込み:yn.hasta@gmail.com

《目的》
アーユルヴェーダの基本概念とともに、自分自身の体質を知り、
生活習慣、食事を工夫することで身体・ココロと上手に付き合う方法を学びます。
ご参加者様毎の悩みに適したアーユルヴェーダの習慣をご紹介して
一か月の間お試しいただく等、実践型の講座となります。


アーユルヴェーダ入門2015


みなさまのご参加お待ちしております。

NAOMI

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
07.13

《告知》満月のWS~月と夏のホームレメディ作り講座~

こんにちは、NAOMIです。

もう猛暑ですね~。
いやはや・・・、まだまだ続くのに初っ端から不安になる暑さです。

そんな夏の熱を癒すホームレメディを作るのが今回の講座です!

冷性をもつ月の力が強くなる満月の日に行うことで
月のエネルギーをレメディにこめることができます。

日程は少し急になっちゃいましたが
8月の本格的な暑さを前に、満月のエネルギーを利用して、
美味しいレメディを沢山作って暑い夏を乗り切りましょう。

月はとても不思議な星です。
天体の中でも、私たちに運命を運ぶ役割を担っています。
そんな占星術的にみた月のお話などもしていきます。

『満月のWS ~月と夏のホームレメディ作り講座~』
《詳細》
日にち:7月31日(金)
時間:19時~21時30分
場所:水道橋教室
受講料:4,500円
お申込み: yn.hasta@gmail.com
※2日以内にご返信いたします。
返信が届かない場合は、ブログのコメント欄にお名前、メールアドレスをお知らせください。
コメントは非公開設定となっておりますのでご安心下さい。

~講座内容~
・アーユルヴェーダにおける夏の過ごし方
・月のエネルギーと薬草
・夏を快適に過ごす為のホームレメディ作り
ギー作り/満月のコリアンダー水/デーツのトニック剤等
・月のレメディ作り

満月WSレメディ

皆さまのご参加をお待ちしております。


NAOMI


Comment:0  Trackback:0
2015
07.11

練香講座~授業風景~

Category: 講座風景
こんにちは。

昨日は、『和の香りを楽しむ 練香講座』~茶道の香りミニレクチャー付き~
無事開催致しました。

前半の30分が茶道の香り
残りを 手作り七味唐辛子と練香講座という構成でした。

茶道の香りを「無庵」主宰の長川先生からレクチャー
c3.jpeg

お茶の釜は、夏は風炉、冬は炉となっております。
香木は風呂に、今回作る練香は炉に用います。

こちらは、白檀の香木が入った香合(こうごう)というお道具です。
c4.jpeg
香合の拝見の仕方もデモンストレーションさせて頂きました。

そして!こちらが
沈香の中でも、最高ランクに分類される伽羅さまです。
c7.jpeg

乳香のような、樹脂系のものは燃やさないと香りが出ませんが
沈香は、香木のままで十分に素晴らしい芳香を漂わせておりました。
x.jpeg
1グラムうん万円というお値段ですが、
なんとなんと、薫香させていただきました。
うっとりするほど雅な香りです。
「夜の香り」なんです、って長谷川先生がおしゃっておりました。
うん、確かに。
鎮静しつつ催淫作用のあるような、奥深さ。

私の中では、伽羅を焚いて頂き、既にクライマックス(笑)

その後は、長谷川先生にバトンタッチ。
絶品七味唐辛子作りスタートです。
c9_20150711165604c79.jpeg

「風味の関西、辛味の関東」なんですって。
私は、京都で購入する七味が好きだったので、風味を増す方法を教えて頂き作りました。
c13.jpeg

完成~♪青のりと山椒が多めです!
c14.jpeg

さて!
続いて、日本の香りの歴史をひもとく時間に。

私、歴史大好きでして。
特に古代文明~平安時代あたりまでが大好物。

香りの歴史の最初、淡路島に流れついた香木のお話が日本書紀にあります。
推古天皇の時代であったのは記憶しておりましたが、
そうか!推古天皇といえば、むしろ聖徳太子の時代。
「これを香木という」とおしゃったのは、聖徳太子だったんですね。
c10.jpeg

おりしも、伊豆の断食施設で山岸先生の名著漫画『日出処の天子』を再読したばかり(笑)
長谷川先生もこのお話をチラリとされまして。
いや~シンクロしましたよ(笑)♪

厩戸王子と言えば、仏教を日本にひろめたかた。
香りは仏教とともに、インド~中国~と日本に伝わったもの。
そして、それが独特の文化として成熟していったお話など、とても楽しくお話いただきました。
密教で使う練香も、高野山と比叡山との違いなんて、マニアックで興味つきない。

空海さんは錬金的なことに興味があった方だし、
やはりそこには媚薬としての香りという面もあったのかしら~。
なんて、夢想してました。

そして、練香作りがスタートです!
沈香がベースという贅沢な練香。
c16.jpeg

龍脳もけっこう貴重になってきたそうです。龍角散の香り~。
d1_201507111703076d0.jpeg

媚薬とも、湘南の磯の香りとも、おしゃっておりました、
個性のある香り”かいこう”はほんの少し加えて奥深さをプラス。
d4_2015071117161092a.jpeg

こちらは、お香界のラヴェンダーなんだそうで(笑)
みんなのまとめ役、”かっこう”さんです。
d2_2015071117030856d.jpeg

これ以外にも、丁子や白檀、桂皮、乳香などが入ります。

最後にお炭を加えます。
d6.jpeg

蜂蜜をいれて、粘度をプラス。
d7_201507111716133ae.jpeg

耳たぶぐらいの固さを目指し練ってまいります。
d9_20150711171616728.jpeg

皆さん、長谷川先生に練り具合をチェック頂いて形成にはいります。

成形中~。手は黒くなりますが、手を洗えばすっきり落ちますので大丈夫。
d8.jpeg
お店で購入する練香も、全て手作りなんですって。
高いのも納得です。


じゃーん。
完成っ!これを2か月以上熟成させて出来上がりです。
d12.jpeg

何でも、壺にいれて梅の木の下に掘って埋めておくと
梅の何かが(笑)入って、熟成させるという方法も書物にはあるそうで。
壺は多孔質で呼吸ができるから、案外、本当かも~。


今回も香炉灰や炭などつけていただき、お土産いっぱいです。
源氏物語のシールもすてき。わたくし、”若紫”をチョイス~♪
d13.jpeg

今回はお茶とお抹茶でもてなし致しました。
和菓子教室に通ていたことがあったので、練り切りを手作りしました。

お茶の和菓子は、基本的にちょと先の季節をさきどりするもが多いので
今回は朝顔にしました。
c1.jpeg
こっそり、餡にアーユルヴェーダの若返りの秘薬をねりこんでおきました。
みんんで若返ろう!(笑)

朝顔の紫の正体は、こちらww
d14_2015071117244398e.jpeg
ポリフェノールたっぷりで、これもアンチエイジングでしたね。


今回も、大変楽しい講座を長谷川先生、長川先生、ありがとうございました。
進行が不慣れで、ご不便おかけしてしまったと思います。
お引き受けいただきありあとうございました。

ご参加者のみなさまも
遅い時間までおつきあいいただきありがとうございました。
また、いつも丁寧なアンケートもありがとうございます。励みになっております。


長谷川先生の今後の講座予定は、先生のブログでご確認くださいね。
ありすのハーブ庭

生活の木さまで、「癒しの香り」講座や、楽しいコラボ企画もあるとこと。
魔女もヒルデガルドさまも、学びたいことばかりっ。
今後もご活躍を楽しみにしております~。

また先生をご紹介いただきました、
トトラボの村上先生、ありがとうございます。


感謝感謝



Comment:0  Trackback:0
2015
07.08

授業風景~キフィの香り講座~

Category: 講座風景
こんにちは、NAOMIです。

先週一週間、伊豆高原にある「やすらぎの里」というお断食施設に滞在しておりました。
今回で3回目。でも、お断食ではなく、糖質制限食コースにしてみました。

毎日、鍼灸、マッサージの治療がついておりますし、朝、夕方晩とヨーガ三昧。
更に、近くの海洋深層水のスパなどで過ごし心身ともにリフレッシュしてきました。
今年も折り返し、より良い時間が皆さまと共有できるよう頑張ります。

さてさて、こちらは大変楽しかった
キフィの香り講座の授業風景です。

イタリアでバイオダイナミック農法の研修から帰国したばかりだった長谷川先生。
ケルトの夏至の儀式のお話など、興味津々。
お持ち頂いた夏至に摘み取ったハーブをお茶にして頂きました。

長谷川先生は、いつもユーモアたっぷり、とにかく深い知識からのお話に引き込まれます。
豊富な資料も大変勉強になります。
b1.jpeg

難しい資料ばかりじゃなく、幅広く
こちらは、、、クレオパトラと言ったら!の映画ですね。
b2.jpeg

古代エジプトの香炉のガチャがあったそうです・・・。精巧過ぎるw
b3.jpeg

16種類の素材をいれた図
b4.jpeg

皆さん、一生懸命♪叩く叩くっ。無心になれますw
b5.jpeg

このようなお姿に。
b6.jpeg

こちらに加えて、精油を使ったキフィの香油つくりも。
大変良い香りです!

香炉もお土産にいただき、太っ腹すぎる先生。
b7.jpeg

私も憧れのキフィの香り作り。
せっかくなので、赤ワインのキフィ風エリキシルと、
古代エジプト時代からあったというメディカルケーキを
アーユルヴェーダの女性向けホームレメディをベースにアレンジしたキフィ風メディカルケーキをお出ししました。

エリキシル材料
a1_20150708225536e04.jpeg
抽出中~
a2_2015070822553724e.jpeg


メディカルケーキ材料
a3.jpeg

ギーで炒め中
a5_20150708225534012.jpeg

こちらも好評でした~!
b8.jpeg

エリキシルは、錬金術の中で生まれた
エネルギーに働きかけるエッセンスなんですよ。
授業でもお話頂いた魔女話、面白かったですね。
ドイツとイギリスの魔女の違いも、なるほどでした。

あっという間の2時間半。
とても楽しい講座でした。

帰国したばかりでお疲れのところ、講座を引き受けて頂いた長谷川先生
ご参加頂いた皆様
ありがとうございました。

感謝




Comment:0  Trackback:0
back-to-top