FC2ブログ
2019
06.30

カキドオシとつぼ草の見分け方と作用について

Category: ハーブ
ご無沙汰しておりました、KarunaのNAOMIです。

梅雨のじめじめした天候が続きますが、
この雨によって植物が飛躍的な成長をとげ、梅雨明けの美しい緑に繋がると思えば楽しみでもあります。

ここ数年の野草ブームも手伝ってか、
日本の和のハーブを学ぶ方も増えておりますね。

「カキドオシ」は、日本のハーブの代表格の1つかと思いますが、
アーユルヴェーダのハーブである「つぼ草(ゴトゥゴラ)」とよく似ております。

耐寒性が低いつぼ草は、あまり関東近辺では自生しておりませんが、、(栽培すれば別ですが)
両者の見分けが難しく、SNSなどに混同して投稿されている方が多いように思います。

葉の形状やつる性になることなど、とても良く似ているので、間違うのも無理のない話でして、
どちらも優秀な薬草、見分けるポイントや作用などをご紹介しますので、ご参考になれば幸いです。

下の写真、どちらがカキドオシでつぼ草が分かりますか?我が家のベランダで生育中のものです^^
image1(2).jpeg

葉の形だけではなかなか判別が出来ないですよね。答は、上段がつぼ草、下段がカキドオシです。

両者とも成長とともに、つる性になります。
image2(2).jpeg

image3_20190630231135cf8.jpeg

先ずは、カキドオシとつぼ草から、同じ大きさの葉で比較してみました。

葉の表
image5(1).jpeg


葉の裏
image6(1).jpeg

葉のふちに注目すると、つぼ草のほうがスムーズな状態なのが分かりますが、実はつぼ草の葉の形は変化しやすいので、
こればかりを目安とするのは難しいです。

では、次は葉の表面をズームアップで観察してみまししょう。
カキドオシ
image2(3).jpeg

つぼ草
image1(3).jpeg

カキドオシは、葉や茎の表面は、葉毛に覆われていて
わりと硬めであることから、ちくちく感があり触れば分かります。

一方、つぼ草の表面はつるりとしており、茎も同様です。

また茎と葉の付き方でも判別は可能ですのでポイントをあげておきます。
カキドオシはシソ科で、つぼ草はセリ科です。
シソ科全般について、茎の断面は正方形で葉序は、対生(180度向かい側に一方の葉がでます)で、その下の節についている葉と合わせて上から観察すると十字に見えます。
シソ科というと、紫蘇はもちろん、ラベンダーやペパーミント、バジル、ローズマリーなどもシソ科に分類されますね。
ただ、カキドオシはつる性なので
葉は体生に生えておりますが、地上部に向かって茎をうねらせており、ぱっと見は180度の対には見えないのでよく観察して下さい。
つぼ草の葉は対生ではないです。茎の断面は丸くなく、こちらも角があるので、茎だけでは少し見分けづらいかもしれません。


さて、次の見分けポイントです。
これは、時期を選びますが『花』になります。

カキドオシの花(春の初めごろ)
可愛らしい薄紫の花が咲きます。この頃のカキドオシはつる性ではなく、立性で上へ上へ伸びております。
花が終わってからつる性に変化していきます。
image4(1).jpeg

つぼ草の開花は梅雨明けぐらい(関東)でしょうか。 これは現在、蕾の状態です。
とても小さな花なので、これが花だったのか!というレベルです。
image3(1).jpeg

つぼ草の花は節にとても小さく咲きます。
つぼ草も最初は立性のような状態ですが、次の節を作る頃にはつる性となって、横へ横へと勢力を増していきます。
この節から根を出し、地上部に接していれば、根を張っていきます。とても生命力の強い植物です。


つぎのポイントは『香り』です。
個人的には、こちらが一番分かりやすいと思っているのですが、

カキドオシはシソ科なので、清涼感ある香りがします。つんとした刺激もある、ちょっとわさびの葉に似たような香りです。
つぼ草はセリ科で、日本の芹にとても良く似た香りがします。
手で葉をもんでみると、香りがよくわかります。

つぎに『味』
どちらも食べれるハーブです。生食もできます。

カキドオシは香り同様、わさびの葉のようなつんとしたお味で、サラダにアクセントにもなりそう。天ぷらも美味しいよと言われました。
つぼ草はやはり芹のお味がします。
もともとスリランカで食されており、ゴトゥゴラはスリランカの呼び名です。
コラサンボーラという、ココナッツの果肉(というのか?白い部分をすったもの)と合わせたサラダや、コラキャンダというつぼ草の薬草粥が有名です。細かく刻んでおかかと合えてもとても美味しくいただけますよ。

香りは味の一部ですから、香りの印象と味はリンクします^^

【見分けポイントのまとめ】
・葉毛
・茎の形状
・葉序
・香り
・味
・花

私のおすすめの見分けポイントは、葉毛と香りです。

ではでは、次にカキドオシとつぼ草のハーブとしての特徴をみていきましょう。

【カキドオシ】
image1(4).jpeg

名前:カキドオシ
多年草
和名:垣通し/別名:疳取草(かんとりそう)/生薬名:連銭草(れんせんそう)
学名:Glechoma hederacea var.grandis(シソ科カキドオシ属)

<使い方>
全草を煎じ、お茶などにして
<作用>
強壮、利尿、鎮咳、消炎、解毒、血糖降下、美白
<成分>
セスキテルペン類、フラボノイド類、精油(リモネン、1,8シネオール、メントン)、グレコミン苦味成分、サポニン、樹脂、タンニン類
<使用部位>
全草
<その他>
民間薬とは、日本で文字の無いような古くから伝わり生活の中に溶け込み、自然と伝えられてきたもので、その用い方も、経験や体験などから言い伝えられてきました。ヨーロッパでも古くから民間薬として重要な位置を占めています。

【つぼ草】
image2(4).jpeg

名前:つぼ草(和名)/マンドゥーカパルニー(サンスクリット)、ブラフミー(※)
サラスヴァティー(インド)/積雪草(生薬名 ※ただし、カキドオシと混同)
Gotu kolaゴトゥコラ (スリランカ)/Indian pennywort / asiatic pennywort(英語)
多年草
学名:Centella asiatica /(セリ科ツボクサ属)

※ブラフミーは、つぼ草以外に、オトメアゼナ(和名)という薬草もブラフミーという。
地域(インド)によって認識が異なるが、ほぼ同じ働きがあるとされている(ケララ州ではバコパをブラフミーと呼ぶ)
(学名:Bacopa monnieri ゴマノハグサ科ウキアゼナ属)

複数のアーユルヴェーダドクターから薬草学を学びましたが、つぼ草はブラフミーと呼ぶより、マンドゥーカパルニーと呼んだほうが、アーユルヴェーダ的にも一般的な印象を私はもっております。

<使用部位>
全草
<使い方>
薬としては乾燥より生が良いとされる。ジュースを絞り適宜使用。また薬用ギーや薬用酒としても加工される。
ドライのパウダー状にしてサプリメントとしても使用。

<作用>
知力向上、記憶の保持力を高める、脳の強壮剤、神経強壮、心臓強壮、精神安定、炎症、皮膚の再生
<成分>
アジア酸、アジアティック酸、アジアチコサイド、マジカソサイド、センテサイド
※つぼ草の精油成分の記述って、どこにも無いのですよね~、残念。
<その他>
古くから伝統薬として、アフリカ、中国、インドなどで用いられている。
アーユルヴェーダの重要な薬草の1つ。皮膚への美容効果からコスメティックの原料としても使われている。

~アーユルヴェーダ的分類~
ラサ:苦味、後味として渋味
ヴィパーカ(消化後の味):甘
ヴィールヤ(効力):冷性
グナ(属性):軽性
プラヴァーバ(特殊効果):脳の働きを良くする
ドーシャ:カパとピッタを鎮静


以上になります。
カキドオシ、つぼ草ともにお茶として販売されております。
また、どちらも育てられるので、フレッシュなものを楽しみたい方は苗から育てるのがおススメです。


ではでは、ご参考になれば幸いです。


少し前に、Karunaでは『つぼ草養生法』ということでつぼ草を取りあげた講座を開催致しました。
とても有用なハーブで、味も美味しいので、日本にひろまって欲しいの思っております^^
つぼ草養生法の講座風景⇒こちら
講座内容について⇒講座内容

また内容を変更して、開催したいなと思っておりますので、ご興味ございましたらカルナーのFBをフォロー下さい。
カルナーFB⇒楽しく学ぶ・体験する場カルナー

アーユルヴェーダの講座も開催しております。ご興味があればcheck下さいね。
⇒「アーユルヴェーダ基礎講座


Karuna
NAOMI
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2019
03.25

【告知】ペアで学んで受ける★アーユルヴェーダトリートメント

2006_0731インド旅行0027


GWにペアでアーユルヴェーダを学び、トリートメントを受けて頂く企画です。
施術前にアーユルヴェーダのミニ講座を受けて頂き、他のオイルマッサージとの違いや、アーユルヴェーダによるデトックスとは?などを学んで頂きます。
これから受けて頂くアヴィヤンガ(アーユルヴェーダのオイルトリートメントの事)の目的を理解して頂き、納得して受けると身体も心も受け入れ状態が良くなり効果も更に増していきます!

また、トリートメント後のお食事をどうするのか?こちらも施術の成否にかかわる大切なポイントになります。
今回は、アーユルヴェーディックで施術後の働きを邪魔せず消化に良いお弁当をお付けし、食事面でもフォロー致します。
イベント特典に『アーユルヴェーダ初めの一歩』セットをお土産におもちいただきますので、お楽しみに!

GWはお休みも合いやすいタイミングです。お友達、母娘、ご夫婦、どうぞお二人ペアでご参加下さい。
普段のKarunaは、女性専用ですが、今回はパートナーの方でしたら男性もOKです。
一緒に学び・施術を受け、感想をシェアして頂くなど、リラックスした中で楽しい時間をお過ごしください。

もちろん、おひとりでのご参加も調整させて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

今回は、KarunaのNAOMIと、アーユルヴェーダ&ヨーガサロン『おり~ぶ』を主宰するベテランセラピストの中澤美智子さん、2人のセラピストで皆さまをお迎えするコラボ企画です。

また、大型連休をいかして普段ではできない3日連続のアヴィヤンガもご希望がございましたらお受けいただけます。
本来、アーユルヴェーダの施術は連続して受けて頂くのがポイントとなります。1セッション最低でも3日間が必要としておりますので、ぜひ連続セッションをご体験下さい。
※スケジュール調整を致しますのでご相談下さい。

<日程>
①5月3日 午前(10時30分スタート)
②5月3日 午後(15時スタート)
③5月4日 午前(10時30分スタート)
④5月4日 午後(15時スタート)
⑤5月5日 トリートメントのみの受付

★ご注意下さい★
生理中、妊娠中、発熱時、感染症、極端に体力が落ちている場合などは施術をお受け頂けません。
※その他施術前の注意事項についてはご予約後ご案内いたします。

<定員>
各回2名まで。

<料金>
おひとり:21,000円
※5月5日のトリートメントは、Karunaのトリートメント料金となります。ホームページをご参照ください。

https://www.karuna-kuu.com/%E6%96%BD%E8%A1%93%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC/ayurveda/

<内容>
★アーユルヴェーダミニ講座
⇒アグニとデトックス&アーユルヴェーダのオイルマッサージの秘密について
★カウンセリング
★アヴィヤンガ+ハーブ発汗+シャワー
★アフターフォロー
★アーユルヴェーダお弁当のお渡し

【イベント特典】
★『アーユルヴェーダはじめの一歩』セットをプレゼント
話題のオイル・ギーやアーユルヴェーダサプリメント 等

<お申込み先>
yn.hasta@gmail.com
お名前、ご希望の日程、携帯番号を記入いただき思うしこみ下さい。2日以内にご連絡致します。
★HPからもお申込み頂けます。
https://www.karuna-kuu.com/%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF/

<セラピスト紹介>
中澤美智子
ハタイクリニックでセラピストとして活躍後、現在は埼玉県美里にて、ヨーガ&アーユルヴェーダサロン「おり~ぶ」を主宰。

☆ヨーガ蓮華の会 ヨーガ指導者養成講座修了
☆日本アーユルヴェーダ・スクール認定 
ライフスタイル・カウンセラー取得
アーユルヴェーダ・ヘルスコーディネーター取得
アーユルヴェーダ・ヒーリング・コンサルタント取得
パンチャカルマ・セラピストレベルI取得
☆American University of Complementary Medicine
Ayurvedaice Medicine practitioner



みなさまのご参加お待ちしております。

Karuna
NAOMI
Comment:0  Trackback:0
2018
12.19

<2月スタート>アーユルヴェーダ基礎講座 Part1(全14時間)

インド・スリランカの伝承医学、アーユルヴェーダを三大医書であるチャラカサンヒターに基づき、学んでみませんか本講座では、ご自身の体質を知り、身近な食材やスパイスをセルフケアに役立ていく方法を学びます。アーユルヴェーダが最良とする油、ギー作りや使い方も学びますよ~。
眼、鼻、耳、舌、皮膚、五感全てのケア方法を学び、この講座で10歳若返りましょう!

ayurveda_oil.jpg

IMG_7808.jpg


『アーユルヴェーダ基礎講座 Part1』  
日にち:2月2日(土) 初回スタート日  
全14時間
時間:10:30~14:00
(時間は変更可能ですのでご相談下さい)
初回以降のスケジュールは、ご参加者さまとご相談の上、開催して参ります。

最少催行:3名
定員:8名
受講料:33,000円
講師:NAOMI
場所:新宿御苑教室
お申込み先:yn.hasta@gmail.com
お名前、希望講座、携帯番号を記入いただき思うしこみ下さい。2日以内にご連絡致します。

ホームページからもお申込み頂けます。
https://www.karuna-kuu.com/講座申込み/

~対象~
アーユルヴェーダを体系的に学びたいと思っている方、実践方法が知りたい方。

セルフケアの実践が豊富な講座になります。
自分自身に目を向け、ヴァータ、ピッタ、カパドーシャの変化を感じ、未病段階でケアをしていきましょう。

◆授業風景はこちらをご覧ください↓
http://ynhasta.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

~講座内容~

《理論》
◎アーユルヴェーダの歴史/医学体系/特徴
◎身体・こころの観察方法
ヴァータ、ピッタ、カパ 五大元素 身体の中に何を見出すのか?
◎アーユルヴェーダの生理学
アグニ、アーマ、スロータス、ダートゥ、オージャス、マラ
◎アーユルヴェーダの薬理学と食事について
◎感覚器官(インドリア)と”こころのケア”
◎若返り法を学ぶ

《実技》
◎季節の養生レメディ作り
・ギー(精製バター油)作り
・ギーの使ったレシピ。

◎五感と5大元素の繋がりを感じるセルフケア。
・ガルシャナ(乾式マッサージ)
・ナスヤ(経鼻法)と薬用喫煙
・ガンドゥーシャ(油うがい)
・ネートラタルパナ(ギーによる目のケア)
・耳のオイルケア
・オイルを使った3点マッサージ

◎アグニを高めるレメディ作り
・アーマパーチャナ(アーマを熟す)となる食材・スパイス
・自身の体質を考えたオリジナルレメディ作り

◎若返り(ラーサヤナ)ドリンク作り

毎回、実習を行う楽しい内容となっております。
皆さまのご参加お待ちしています!

karuna NAOMI

========================
講師紹介
NAOMI  karuna(カルナー)主宰
アーユルヴェーダのコンセプトを軸に、植物療法を使ったケア方法をお伝えしています。
自然界からの恵みを頂き、自身を癒す力を学びましょう^^

・NPO法人日本アーユルヴェーダスクール 全課程(3年)卒業
同校認定アーユルヴェーダヒーリングコンサルタント
同校認定ワークショップ講師
同校認定パンチャカルマセラピスト

・英国IFA(国際アロマテラピー連盟)認定 プロフェッショナルエッセンシャルオイルセラピスト
LSA JAPAN卒業
・AUCM(米国医療補完大学) Ayurvedic Medicine Practitioner ディプロマ取得
・AEAJ認定アロマセラピスト/インストラクター
・JAMHA認定ハーバルセラピスト
・黒龍江中医薬大学日本校 薬膳中級コース/漢方フェイシャルコース ディプロマ取得
・英国ベイリーリフレクソロジースクール認定リフレクソロジスト
・インド占星術、ハーバルタロットを学ぶ。

皆さまのご参加をお待ちしております。
Karuna
NAOMI
Comment:0  Trackback:0
2018
12.19

<告知>新年の願いとともに!香りのしづく~芳香樹脂をめぐる旅2日目

Category: 告知
perfumeの語源はラテン語の〈煙fumum〉を〈通じてper〉です。
古代より香りは煙を通じて天に上り、大いなる存在に捧げるものでした。
新年の願いを香りにこめて、煙を焚き天にとどけましょう!

========================
佐枝子先生より

世界の芳香樹脂の講座、第二回目の内容は、南北アメリカ・アジア(西を除く)・ヨーロッパ(+北アフリカ)です。

新年が明けて、そろそろ日常を取り戻しながら現実的に2019年をどんな年にしていこうかな☆と一歩を踏み出して動きはじめたばかりのタイミングいうことで、世界のそれぞれの地域で崇められ親しまれてきたいろいろな植物の樹脂に触れながら、聖なる香りに今年一年の祈りをのせてみませんか?

紹介する芳香樹脂は、2018年春の講座の際と同じ16種類(下記参照)です!!
芳香樹脂を使ったアイテム作製は、マスチックのネイルオイル、樹脂を植物油脂に浸けたインセンスオイル、オリジナル薫香を予定しています♪(予定)

お申込みお待ちしております!

《ご紹介する樹脂(レジン)》
南北アメリカ:ピニョンパイン、コパイバ、パロサント、バルサム・トルー、グアヤック、Breuzinho
アジア:エレミ、シャムベンゾイン、スマトラベンゾイン、ドラゴンズブラッド(インドネシア)、アンバー(インドネシア)
ヨーロッパ(北アフリカを含む):コロホニー、バーガンディー、ラブダナム、マスチック、サンダラック


image1(19).jpg


================
日にち:1月20日(日)
時間:10:00~13:00

講師:手島佐枝子
受講料:6000円
定員:10名(最小催行5名)

《開催場所》
新宿御苑教室

《お申込み》
yn.hasta@gmail.com
お申込み講座、お名前、携帯番号をご入力いただきお申込み下さい。2日以内にご返信致します。

Karunaホームページからもお申込み頂けます。

https://www.karuna-kuu.com/%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF/

《講師プロフィール》
手島佐枝子
Frangipani(フランジパニ)主宰
現在、老舗アロマスクール「アロマテラピーの学校」さんの講師活動、JAMHAのセミナーをご担当されるなど
ご活躍されていらっしゃいます。

Frangipani Website
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/frangipani/profi

皆さまのご参加お待ちしております。

Karuna
NAOMI
Comment:0  Trackback:0
2018
11.17

【告知】太陽の復活”冬至に焚く香り”世界の芳香樹脂をめぐる旅《Xmas編》

Category: WS
11月に開催を延期いたしました、”世界の芳香樹脂をめぐる旅1日目"開催日を12月16日に設定しました。
ご紹介する樹脂(レジン)はそのままで、冬至にむけた、太陽の復活をテーマに香り作りの実習を致します。


冬至の太陽復活レジン


~手島佐枝子先生よりメッセージ~
延期となったレジン(樹脂)講座を、12月16日(日)に開催させていただくことになりました。
今回の開催は、ちょうど冬至を迎える少し前のタイミングとなりました。
冬至は日の出から日の入りまでの時間、つまり日照時間が一年で最も短く、さらに太陽の高度も最も低い位置になり、太陽の力が一番衰える日と古くから考えられてきました。
今年は12月22日(土)が冬至です。その日を過ぎるとまた日照時間は増えていき、夏至に向けて太陽のパワーを増していくスタートの日でもあります。
海外のいろいろな土地や地域でも...それこそ、世界初の暦を作ったといわれているシュメール人で栄えたメソポタミア文明のころ(紀元前3500年前後のお話!)から、冬至は太陽の復活の日としてそこから一年がスタートすると考えられてきたそうです。
そしてその後、古代ローマ時代でも冬至祭が行われ、時代を経てやがてはヨーロッパの冬至祭へと受け継がれ、キリスト教と融合されてクリスマスになった…とのことです☆
そこで、今回は春の開催の時と同じアフリカ~西アジアの芳香樹脂をご紹介する回ということで、ちょうど、西アジア(中東)のフランキンセンスやミルラがメインとなりますので、太陽の復活!新しいスタート!光のパワーにたくさん恵まれよう!!上昇上昇!!!ということで、フランキンセンスやミルラを使ったケアアイテム、冬至に焚くレジンインセンスも作りたいと思います。
ぜひぜひご参加ください^^
========================
★前回の講座風景はこちらです♪
沢山の種類のレジンの香りが部屋いっぱいに広がり、とても贅沢な時間でした。
http://ynhasta.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

==============================

「自然素材でつくるナチュラルスキンケア」(東京堂出版)の著者でらっしゃいます、手島佐枝子先生をお招きして講座を行います。
手島先生は現在、アロマセラピーの講師として各スクールでご活躍中です。実は、樹脂(レジン)をこよなく愛してらしゃって、沢山の樹脂を取り寄せ比較しより良いクオリティの樹脂を探究されています。
手島先生の愛情あふれる樹脂のお話しとともに、それぞれのレジンに直接ふれ、香って、学んで、作ってみましょう!

◆12月16日(日)
時間:10:00~13:00
主に西アジア~アフリカ地域の樹脂(フランキンセンス、ミルラ、オポポナックス、その他)

《実習内容の予定》
・フランキンセンスやミルラを中心としたクラフト作り
・冬至に焚く香り作り
・その他

※教材入手状況により変更する場合もございますのでご了承下さい
▶受講料:6、000円

◎冬至&Xmasにちなんだスイーツ付き
◎オリジナル・グリューワインを作って温まりましょう。

《開催場所》
新宿御苑教室

《最小催行》
5名

《お申込み》
yn.hasta@gmail.com
お申込み講座、お名前、携帯番号をご入力いただきお申込み下さい。
2日以内にご返信致します。

Karunaホームページからもお申込み頂けます。

https://www.karuna-kuu.com/%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF/

《講師プロフィール》
手島佐枝子
Frangipani(フランジパニ)主宰
現在、老舗アロマスクール「アロマテラピーの学校」さんの講師活動、JAMHAのセミナーをご担当されるなど
ご活躍されていらっしゃいます。

Frangipani Website
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/frangipani/profile.htm

みなさまのご参加お待ちしております。

Karuna
NAOMI
Comment:0  Trackback:0
back-to-top